FC2ブログ

aroma::donna

アロマテラピーを利用した美容&健康方法のススメ☆美容も健康も生活もシンプルでいきましょう☆☆

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「香り」の「分配」  

こんにちは。

暖かくなってきたかと思いきや急に寒くなったり・・・で、体調を崩しやすい日々が続いていますね。
みなさんは、体調管理はいかがでしょうか?

aromanneは、定番に「エルダーフラワー」と「カモミール」をブレンドして飲用しています。
粘膜強化のために「カレンデュラ」もブレンドすることも。

後は、花粉症対策に保湿も心掛けていますよ。
肌のバリア機能が落ちると花粉等のアレルゲンが肌からも入り込みやすいので・・・

そうそう、これもまた定番で「ユーカリラディアータ」と「オレンジスイート」の精油で芳香浴もしております。


さて、殺伐とした世界事情やら日本事情やらの情報をメディアで見聞きする時に、ふと


香りの分配


のことを思い出しました。


「分配」からまたまたふと本棚から、高校生の時に読んだトマス・モアの「ユートピア」を取り出し、
思わず一気に読んでしまいました。
(久しぶりに政治・経済思想の本を読んだので・・・)

それはさておき、ふと思い出した「香りの分配」・・・

資本主義の競争社会で日常を忙しく過ごしているとついつい忘れてしまうことの1つのお話です。
aromanneは、その時の自分の恥ずかしさが今でも忘れられません。

子供が生まれる前、専門職でそれなりに忙しく仕事をしていた時で、アロマテラピーとはまだご縁が
なかった時のお話です。

香りは昔から好きで、香水を愛用していました。
でも、某有名ブランド達の合成香料プンプンの作られた香りは苦手で、香水ノマドをしている中で出会った
より本物に近い香り(合成香料も使用しているとは思いますが、aromanne自身がそう感じた)がする
「アニック・グタール」という香水メーカーの香水を愛用していました。

お気に入りのバラの香りがする香水が切れたため、デパートに購入しに行ったところ、いつも購入している
100mlのものが無く、50mlのものしかありませんでした。
他の香りの種類の香水は100mlがいつもと同じように揃えてあったのにもかかわらず・・・。


「商品はいつでも同じものが揃えてあることが当たり前」


という考えのもと、「100mlはこちらのお店では切らしているのか?切らしているのであれば取り寄せて欲しい」
とお願いしました。

が、店員さんの答えは


バラの収穫量が少なかったため、少しでもみなさんに香水を届けたいので、現時点ではお求め頂いて
いる香水は申し訳ないのですが100mlのものは作っていないのです。



aromanneはそんなお願いをした自分を恥ずかしく思いました。
店員さんの回答は凄く利に叶っていることなので。


これがaromanneが経験した「香りの分配」のお話です。


昨今、収穫量、生産量に関わらず、商品があって当たり前。無ければ「クレーム」。とにかく「自分」。
「権利」をふりかざす。
「共有」「分配」という概念が希薄化しているような気がします。(もちろんaromanneも)

「~だから、当たり前。私には当然の権利がある(義務は忘れて)」という世の中の思考が世界情勢や
国内情勢をカオス化させつつあるのではないかと私的に思います。
もちろん個人レベルでも。

だから最近、とても世界情勢、国内情勢もとても変な動きをしているように思えてなりません。

権利や義務を定めるのはもちろん規律、法律なのだけど、昨今の法律は骨格だけの法律が多く
乱発しすぎです。
法律は作ればよいってものではない。
企業も国も市民(もちろんaromanneも)もユートピアの用語を借りれば「誠意」を忘れています。

「誠意」がないからお互いに疑心暗鬼でトラブル回避(自分を守るため)のために色々な決めごとが多くなる
(国家間も含めて)
決めごとに賛同しないところとはきちんと対話をしないから、敵のようになり、国家間であれば経済封鎖、
紛争、最悪には戦争にまで発展してしまう・・・。
(今もほとんどの先進国が戦争してますよね・・・最近の政財界の動きをみていると日本も近いかな・・・?)

個人間、法人・個人間であれば訴訟に発展してしまう・・・。

なんてギスギスした世の中なのでしょう。


で、そのとばっちりを受けるのが地球の環境(自然も含めて)。

地球の環境は地球規模で考えると地球に生息する生き物(人間も含めて)の共有財産なのに、
地球に生息するいち種族の人間の誠意がない行動が共有財産である環境を破壊し、共有財産を
侵害しているんですよね。。。

その共有財産から恩恵をうけて、人間にも生きる上、生活する上で必要なものを分配されているというのに。

アロマテラピーは自然の恩恵をとても受けています。
自然からアロマテラピーに必要なものを分配して頂いています。

環境に対して「誠意」を忘れずに、アロマテラピーを楽しみたい。

また環境だけでなく、あらゆる場面で「誠意」を忘れずに生活していきたいと思います。

そんなこんなで、「分配」から思い出し、久しぶりに読んだ「ユートピア」。

今の生活環境の中と比べて、色々と考えさせられることが書かれています。
政治思想の本ですが、読み物としても楽しいです。
ご興味がある方は是非読んでみてください。
(あ、でもaromanneは共産思想に傾倒しているわけではありませんので。。。)

ではまた。
ご訪問をありがとうございました。
また私的な勝手な考えにお付き合い頂き、ありがとうございました。


aromadonna160225.jpg
この香水メーカーも資本主義の原理に巻き込ま
れて、不動産ファンドに買収されたり、韓国の
化粧品メーカーに売却されたりしています。
良いものを作っていると思うだけになんだか寂しい
です。




にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆

Posted on 16:47 [edit]

category: 私的な考え

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

検索フォーム

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。