FC2ブログ

aroma::donna

アロマテラピーを利用した美容&健康方法のススメ☆美容も健康も生活もシンプルでいきましょう☆☆

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

敵を知りアロマで紫外線を防御する  

こんにちは。aromanneです。
ご訪問をありがとうございます。

東京は、今日は雨ですが、晴れた日は日中になると日差しがとても強くなってきましたね。
少し薄着で外を歩くと日差しで肌がヒリヒリと痛くなります。

この季節の日差しといえば、紫外線!
みなさんは、紫外線対策はもうされていますか?


aromanneは、先日、紫外線対策クリーム(お顔用)を作りましたよ☆
(年中、紫外線対策はしてるけれど・・・)
aromanneのレシピは最後に紹介しますね☆

紫外線は、「光老化」の原因で、お肌にとっては大敵なのです!
シミやシワの要因になりますし、お肌の細胞レベルからダメージが・・・


ところで、みなさんは、紫外線とはどのようなものかご存知ですか?

紫外線は、地上に届く太陽の光構成の1つで、波長の長さによって、
A波(UV-A、1番、波長が長い)、B波(UV-B、2番目に長い)、C波(1番短い)があります

波長が短いものほど人体に悪影響を及ぼすのですが、C波はオゾン層で吸収されるため地上には届きません。
なので、アンチエイジングのために気にしなければならない紫外線は、「UV-A」と「UV-B」なのです!

UV-A」は・・・
紫外線全体の約95%を占めて、お肌の真皮にまで達して、アンチエイジングで死守すべき
「コラーゲン」や「エラスチン」を破壊して、シワやたるみを引き起こす(光老化)原因と
なる
ものなんです!
しかも、雲や窓ガラスを通過して年中肌に降り注ぐというとても厄介なやつなのです!!

「UV-A」の防止効果があるとして「SPA」と表示されている商品もありますが、
「UV-A」は透過しやすい紫外線なので「UV-B」のように効率的に防止することは困難・・・というお話
もあります。


UV-B」は・・・
紫外線全体の5%を占めて、日焼けの原因になり、肌をヒリヒリと痛くする作用、日焼けで肌を炎症
させるもので、雲や窓ガラスで、ある程度遮ることができます

お日様にあたらないとビタミン不足で「くる病」等の病気になるといわれる、「ビタミンD」を生成
してくれる頼もしいやつでもあります。

「UV-B」の防止効果があるとして、みなさんも良くご存じな「SPF」というものがあります。

「SPF」対応の日焼け止めには、日焼けで肌を炎症させないという点では効果があるようですが、
お肌の細胞の老化という観点からでは効果はあまりないという研究がイギリスで報告
されています。

白肌を守るという点では日焼け止めは大変効果的だと思いますが、アンチエイジングの目的は、細胞の老化
をいかに防ぐかということなので、やっぱり「紫外線対策には、以下だよね~」とaromanneは考えています



◎食事・生活習慣からのアプローチ

・メラトニンの分泌を正常にする
(前回、ブログで書きました☆メラトニンには細胞の酸化を抑制する抗酸化作用があるのです!)

・ビタミンCを摂取するようにこころがける
(紫外線があたると肌の細胞が弱るので、ビタミンCでアンチエイジングで死守すべき
「コラーゲン」の生成をサポートして体内から外敵紫外線の細胞への影響を防御する必要があります。)

紫外線が強くなる季節はビタミンCが多く含まれる果物(キウイとか)やハーブティー(ローズヒップとか)
を摂るように心がけましょうね。

・なるべく日光に当たること自体を減らす
↑これとても大事です!
(長袖、日傘、帽子で直接日差しに当たらないようにする)


◎アロマテラピーからのアプローチ

・紫外線防止作用があるキャリアオイルや美白作用、日焼けのケアに良い精油やハーブウォーター
を利用したクリームやローションで紫外線対策をする

紫外線防止作用に良いとされるキャリアオイル等には主なもので「ホホバオイル」、
ラズベリーシードオイル」、「セサミオイル」、「オリーブオイル」、「シア脂
があります。

日焼け後のケアであれば「馬油」や「ラベンダー」のハーブウォーターが個人的には
お薦めです。

美白作用がある精油は、「エレミ」、「レモン」、「セロリ」、「キャロットシード」。

「レモン」と「セロリ」は「光毒性」があるので夜用のお肌の手入れで使用してくださいね。

日焼けケアは、もちろん「ラベンダー」の精油でしょう!
この精油をキャリアオイル等の基材に混ぜ込んでお肌に塗ってあげると日焼けの赤みが治まるのが
早いと個人的には思います。
「ラベンダー」のハーブウォーターに「ラベンダー」と「ペパーミント」の精油を混ぜ込んだもの
とWで使用するとなお効果的だとこれも個人的に思います。
(というか実感しています。以前スリランカに持って行ったものを紹介したブログにも書きましたが☆)



【aromanneの紫外線対策クリーム(10g)】

≪材料≫
・シアバター・・・10g
・ラズベリーシードオイル・・・5g
・超微粒子酸化チタン分散溶液(もしあれば)
・トコフェノール(ビタミンE、もしあれば)
・精油(2滴~4滴、1%~2%濃度)
・遮光瓶・・・25g


≪作り方≫
①量りに遮光瓶を乗せ、シアバターを計り入れ、計量カップで計量したラズベリーシードオイルを
シアバターを入れた遮光瓶へ注ぐ
(もしあれば、この時に超微粒子酸化チタン分散溶液も2プッシュくらい入れる)
②①を湯煎もしくは電子レンジで温め、材料を溶かす
③②に精油を入れて、混ぜ合わせる
(もしあれば、この時にトコフェノールを3滴くらい入れる)

※このクリームだけで、紫外線を全て遮断するわけではないので、なるべく日差しにあたらないような
工夫もしてくださいね☆




aromanne140430.jpg



ではまた。



にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆


Posted on 11:56 [edit]

category: アンチエイジング

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

検索フォーム

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。