FC2ブログ

aroma::donna

アロマテラピーを利用した美容&健康方法のススメ☆美容も健康も生活もシンプルでいきましょう☆☆

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

擦り傷には「湿潤療法」と「シアバター」を  

こんにちは。

朝晩はだいぶ涼しくなってきましたが、日中はまだ残暑?が残る日が続いていますね。
季節の変わり目なので、みなさん体調管理には気をつけて下さいね。

aromanneは、最近、「エルダーフラワー」と「カモミール」のハーブティーを冷まして飲んでいますよ。

さて、先日、娘が、学校からの帰宅途中に久しぶりに転んで擦り傷だらけになりました。
額、両方の手のひら、両ひざ・・・

学校の近くで転んだらしく、学校の保健室で応急処置をしてもらっていました。
額と手のひらには、絆創膏。両ひざは広範囲に擦り傷を作ったためか、ガーゼで覆われていました。

額と両手のひらはいいとして、両ひざについては、ガーゼのままでは取る時に、かさぶたとガーゼが
くっついて治りが遅くなってしまうし・・・(取った時には少しくっついてしまっていましたが・・・)、
また、ひざなのでかさぶたができるとつっぱるし・・・と思い、「湿潤療法」で治療をすることにしました。


湿潤療法」をご存知ですか?

その名のとおり、傷口を乾燥させないで治す方法なんです。

傷口を水(日本であれば水道水で十分)で洗ってから、傷口が乾燥しないようにラップで覆って
ラップの周りをテープで貼るだけです。傷口は洗うだけで消毒もしません。

ラップは1日に2回~3回くらい取り替えます。
(娘の場合は、ひざなので、傷口をラップで覆って薄手のサポーターでラップを固定しました。)

傷口って、消毒して、かさぶたができて治るものだと思いませんか?
でも、この方法は皮膚の自然治癒力にとっては良くない方法なのだそうですよ。


そもそも傷は、どのようにして治っていくのかを見ていくと、


「傷=消毒」


「傷=かさぶた」


が皮膚にとっては好ましくないか納得できます。


傷がどのように治るかというと・・・
↓のように色々な細胞さん達が損傷した皮膚に集まって、治そうと働いてくれるんです


①傷口に血小板が集まってきて、止血する

②免疫細胞の好中球やマクロファージが傷口にやってきて、傷ついて死んでしまった細胞や
傷口についた細菌を貪食し、傷口をきれいにする

③繊維芽細胞(コラーゲン)が傷口に集まってきて、傷口をくっつける

④表皮細胞が集まってきて傷口を覆ってふさぐ


なので、「消毒」をすると、この傷口を治そうとしている細胞さん達には「毒」となってしまい、死んでしまうそうです。

また、傷口がジュクジュクしますが、これは傷を治すために必要な「浸出液」で、傷口を治そう
とする細胞さんの培養に必要なもの
なのです。

傷口を乾燥させてしまうと(浸出液が乾燥してしまう)、傷口を治そうとする細胞さんが増殖できず、
傷口の治りが遅くなってしまうのだそうです。

「かさぶた」は、傷を治すために必要な浸出液が乾燥してしまったものなので、実は傷口を治そう
としていた細胞さん達の死骸のようなものでもあるんです・・・

このように傷の治り方を見てみると


傷口は湿らしておかなければならないんだ・・・


ということが分かるかと思います。

実際、娘も「湿潤療法」をした方が治りが早かったです。
擦り傷を作ってきた日の次の日には、少し深く擦った傷口も閉じていました。(↓)




aromadonna1509243.jpg
湿潤療法をして1日半たった傷。右から2つ目の傷が下の画像
と比べるとかなりふさがってます。
かさぶたないですよ。



aromadonna1509244.jpg
湿潤療法をして、半日(傷を作った日の夜)たった傷。
さっと擦った傷はかさぶたもできずにふさがってます。



1日半「湿潤療法」を行って、傷口も「かさぶた」もできずにだいぶ閉じたので、乾燥させ、
保湿のために「シアバター」を軽く塗りました。

「シアバター」には、皮膚の治癒能力をサポートする作用やビタミンE等のビタミン類が含まれている
ので傷口をくっつけてくれるコラーゲンさんに働きかける作用があります

だから、より早くきれいに傷が治るという期待を込めて。

また、サポーターをしていたため、少し蒸れて痒くなってしまった箇所があったので、以前、痒み止めで
作ったクリームを塗りました。

クリームは、「ホホバオイル」、「シアバター」、鎮掻痒作用がある「カモミール・ジャーマン」の精油で
作ったシンプルなもの。




IMG_2443.jpg



ペパーミント」精油も同じ作用がありますが、aromanneや娘は、「カモミール・ジャーマン」の方が
直ぐに痒くなくなります。

この精油を初めて使用した時、クラッと体が精油酔い?したので、それだけ身体に対して力強く
作用するパワーのある精油なんだと思います。
(「ロックローズ」の精油も初めて使用した時、精油酔いしました。。。この精油もとても力強いと思います。)


この「湿潤療法」、ちょっとした擦り傷には良いですが、深い傷口や出血がとまらない傷、
動物にかまれた傷等には、細菌による炎症が怖いので病院できちんと適切な処置をして
もらって下さいね。

ではまた。


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆
スポンサーサイト

Posted on 10:47 [edit]

category: アロマテラピー

tb: --   cm: --

紅茶の「シルバーチップ」はハーブと同じね  

こんにちは。

寒い日があって、「もう衣替えか?!」と思ったら、雨が降って陽が差して蒸し暑くなり・・・
変な天気が続いていますね。

これも太陽さんの活動に影響があるのでしょうかね。
少し前に地球は温暖化は進まず、寒冷化が進むという話もでていたし。

実際、太陽の活動も活動周期を考慮しても予想と比べて活発ではなく、また太陽系は天の川銀河に
所属していて現在太陽系はオリオン腕の中にいるそうなのですが、もう少ししたら腕と腕の間の星の
材料になる塵やガスの領域に入っていくそうです。

そうなると太陽の光も塵やガスで届きにくくなり、寒冷化が進みそうですし、宇宙線量も増えて地球の
オゾン層が破壊され、太陽の紫外線量が増加したり、太陽からの放射線量も増加したりして、生物の
DNAにも異常をきたす可能性があるらしいです。

きっと最近の世界の異常気象(もちろん日本も)は、宇宙環境の変化も要因の一つなのかもしれません。。。

環境も地球の中の内的要因(大気汚染やCo2とか)だけからではなく、宇宙からの外的要因も着目して
相対的に考えていかなければならないのでしょうね。

それにしてもアロマテラピーを始めてから、人体のこと、生物に影響を与える環境要因とか色々考える
ようになりました。
疑問点を調べていくうちに、こんな研究分野もあるのかという学者さんの書籍や論文に当ります。
学会だけでなく、もっと研究内容を一般に発信して欲しいなあ、と思うこの頃です。


さて、「紅茶」について・・・

みなさんは、紅茶というと茶褐色に発酵した細かな茶葉を思い浮かべませんか?

aromanneは、紅茶といえばやっぱり茶褐色に発酵した茶葉を今までは思い浮かべていました。
(紅茶通ではないので・・・)

でも、紅茶に


白茶


というものがあるのをご存知でしたか?




aromadonna1509043.jpg
上がシルバーチップの半乾燥?した感じのチップ、
左下がシルバーチップ、右下がゴールドチップ。
ゴールドチップはシルバーチップにタンニンで色付けしたもの。





紅茶の等級等の説明をする時に、「チップ」という言葉が使われたりします。

「チップ」とは、紅茶の葉っぱのどこをいうかというと、茶葉の先端がくるっと丸まっていて、
葉っぱが閉じているものがあるのですが、それを芯芽といって「チップ」と言われています。

芯芽の裏側に白い産毛があり、産毛があるということは若い葉っぱということ。


中国では「白毫 (パイハウ)」ともいわれているそうです。



aromadonna150904.jpg
紅茶の葉の押し花もどき。本に挟んで帰国したら
発酵してました・・・
シルバーチップは、葉の上の一番細くなっているものです。




この芯芽を自然乾燥させたものを


シルバーチップ


といいます。
(ドライハーブと同じですね)


ただ、このシルバーチップ、紅茶の一部ですが、「不発酵」のため、いわゆる紅茶としては
取引されていない
ようです。
(風味も香りもいわゆる紅茶ではないし、色も赤くないので・・・)

このシルバーチップは、美容や健康に良い成分が特に含まれているとのこと。
(アンチエイジングや健康に良いとスリランカの紅茶工場で説明は受けました)

いわゆる紅茶には、色々なな効能(殺菌、ビタミン補給等)があるので、シルバーチップは
若い芯芽ですし、それもうなずけます。


香りやお味について・・・

aromanne亭にあるのは、今年もまただんなさんの仕事で着いて行ったスリランカで仕入れた
セイロンティーのシルバーチップ。

香りはいわゆる紅茶の香りがほんのりしますが、お味はジャスミンティーみたいないわゆるお茶
という感じで、美味しくいただけます。

冷めると甘み、渋み?が増してこれもまた美味しく感じます。



aromadonna1509042.jpg
シルバーチップは30分くらい抽出します。
30分抽出したものが↑。



そして、母親のおみやげに・・・とスリランカのムレスナさんで見つけた、パックの↓紅茶。




aromadonna1509046.jpg




Loole Condera Estate(ルラコンデラ、ルーラコンデラ))」とパッケージに記載がされていたので、

「あら、農園名のパックもあるのね」

と何気なく購入。
(ヌワラエリアでNorwood Estate、Mackwood EstateとかEstateとつく場所に行ったり、見たりしたので。
Estateとつくものに敏感になっていたのかしら・・・)

帰国して、パックの横に記載されていた文章を読んだところ、スコットランド人のジェームス・テイラーさんに
よって一番最初にセイロンティーを産出した農園ということが判明
しました。


このジェームス・テイラーさん、スリランカでは「セイロンティーの神様」といわれているそうです。
(紅茶通の方の間では有名なのでしょうね)

調べたら、この農園は、キャンディ(この地もセイロンティーの五大産地のひとつ)から少し離れた
ところにあるようなので、機会があったら行ってみたいな、と思います。


それにしても、最後にムレスナさんでこのパックに遭遇するなんて、今回のスリランカは
紅茶とご縁があったようです。

紅茶も奥が深い!
紅茶のシルバーチップで、何気なく飲んでいた紅茶もハーブと同じ美容・健康茶なんだ、
と再確認?、気付かされました。

ではまた。


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆

Posted on 10:32 [edit]

category: アンチエイジング

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

検索フォーム

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。