FC2ブログ

aroma::donna

アロマテラピーを利用した美容&健康方法のススメ☆美容も健康も生活もシンプルでいきましょう☆☆

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お肌の老化防止、免疫力向上に「ソイミート」  

こんにちは。aromanneです☆
ご訪問をありがとうございます。

みなさん、夜空を見上げたりしていますか?
最近、aromanneは、娘と夜空にはまっています。
冬の空は、子供との観察するのに良い時間帯に一等星がたくさん輝いているし、
他の季節より空気も澄んでいるので、夜空を見ていて楽しいです。

昨晩もお風呂に入る前に、星座早見表を見ながら、おおいぬ座のシリウス、
オリオン座のリゲルやベテルギウス、おうし座のアルデバランやスバル等々を
確認したりして、楽しいひと時を過ごしましたよ。
みなさんもふとした時に、夜空を見上げてみてください。癒されますよ☆


さて、先日、カレーを作ろうと思ったら、カレー粉が切れていました。
aromanneは、GABANのカレー粉作り用のスパイスセットでカレー粉を作っています。
スパイスを炒めて作るのですが、粉を混ぜている時のスパイスの香りがたまりません!



antiageing1401271.jpg



「ザ・アロマテラピー」という感じ。


この香りはくせになります☆


そして、この時のカレーは、お肉の代わりにスリランカで購入してきた「ソイミート」という
大豆でできた植物性のお肉を使用してみました。



antiageing140127.jpg



「大豆」といえば、女性の味方で、フラボノイドの一種である「大豆イソフラボン」。
「イソフラボン」は女性ホルモンである「エストロゲン」と同じ働きをするといわれています。

「イソフラボン」は、シワやハリを予防するコラーゲン生成とヒアルロン酸生成の
活性化が期待でき、アルブチンと同じくらいのメラニン生成抑制作用も認められています。


精油では、妊婦さんや女性系の疾患がある方等には使用制限されていますが、
エストロゲン様の作用を持つものの代表選手として、


クラリセージ」、「フェンネル


があります。

aromanneは、バストマッサージに植物油に「クラリセージ」を希釈したものを
使用しています。


しかし、女性の味方の「イソフラボン」、摂取し過ぎには注意です。

通常の食事で摂取する分には問題はないようですが、サプリメント等で過剰に摂取すると、
逆に女性ホルモンのバランスが崩れ、月経周期の遅れや子宮内膜増殖症等のリスクが高まる
と食品安全委員会で報告
されています。

たしかに、以前、ドクターが書かれた書籍を読んで妙に納得したのですが、ホルモン強化のためと
思ってサプリメントを摂取していると、脳の下垂体(ホルモン分泌の親玉)が、サプリメントで摂取
している種類のホルモンの分泌が十分に分泌されていると錯覚して、分泌量を減らしてしまう
という
もの。

シンプルに考えると、


「そうだよね、ビタミンCだって、足りてれば、体は余分なビタミンCを外に排出するんだもの。
ホルモンが足りてる!と思ったら、体はホルモンの供給を止めるよね。」


と思いませんか?

体にとって、「日常の食事の大切さ」と「何事もバランスが大事」ということを、
しみじみと思い知らされます。


また、大豆に含まれる配糖体の一種で活性成分のひとつである「大豆サポニン」にも注目。

この「大豆サポニン」は、抗酸化作用や過酸化脂質の生成を抑える作用があるとされている
ので、お肌の老化防止も期待
できます。

また免疫力を高める作用もあると認められています。

「サポニン」という成分は高麗人参にも含まれていて、昔から生薬にも使われている成分
なんですよ。


みなさん、最近、大豆食品を食べていますか?
健康やお肌にも良い大豆食品を是非食卓に☆

カレーの中に入れた「ソイミート」。とても美味しく頂きました☆
大豆の水煮を少しレンチンしてマッシュしたものと挽肉を混ぜ合わせて、ハンバーグにして
食べるのもお勧めですよ。
お肉は少なくて済みますし、美味しく頂けます☆


では、また。


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆


スポンサーサイト

Posted on 13:10 [edit]

category: アンチエイジング

tb: --   cm: --

「夜泣き」が続く子に…簡単ペーパーナプキンサシェ  

こんにちは。aromanneです☆
ご訪問をありがとうございます。

東京は、今日は、春のような陽気です。
この陽気が月曜日くらいまで続くとか。
温かくなったり、また寒くなったりで、ここ数年、変な気候で体調管理が大変です。
インフルエンザも流行しているので、みなさん、体調管理には気をつけてくださいね☆

さて、ここ何週間か、幼稚園児年長の娘の夜泣きが続いています。
調べたら『夜驚症』の疑いが…

毎日、同じ時間に2回ほど大泣きで起きて、意味不明なことを叫びながら、起きだしてくる…
夜驚症の症状にヒットするんですよね…

脳(というか思考能力?)が成長する節目時に、夜泣きをする傾向があったのですが、
成長の節目時の夜泣きは1週間くらいで治まっていたのに対し、今回は、この脳の成長の
節目時と夜驚症がダブルできているようで、いつもと勝手が違う感じです。


夜驚症』は、脳波の異常などの身体的要因の他、心理的葛藤といった情緒的要因の関与が
指摘されていて、 発症や悪化する因子としては、疲労、発熱、次子出産、登園開始、転居、
緊張、興奮、刺激過多、不安などがあげられています


また、深い睡眠から急に浅い睡眠状態になった場合や覚醒が不完全な状態の時に生ずると
考えられています


この症状は、感受性の強い子がなりやすいらしく、4~12歳に好発し、2~3年のうちに自然に
消失するといわれています。
脳に異常が認められない限り病気ではないので、特に治療はいらないようです。


4月から娘は小学生になるので、小学生になる前の必要な知識の準備や身の回りの自立について、
細かくうるさく言い過ぎていたかも知れません…
3月の終わりころにお誕生日を迎える娘には、キャパが超えていたかも…
(どちらかというと年中さんとかわらないもの…)


昨日、夜泣きで興奮して起きてきた娘に、


ベンゾジアゼピン様抗不安薬ジアゼパム(睡眠導入剤としても使用されています)と同様の作用を
示し、「抗不安作用」があると報告されている「ラベンダー」の精油


交感神経を抑制して副交感神経活動を優位にし、入眠潜時の短縮と睡眠効率の上昇が認められると
報告されている「セドロール」という成分を持つ「ヒバ」の精油



を1滴ずつティッシュペーパーに垂らし、それをペーパーナプキンで可愛く包んで
即席簡易『ペーパーナプキンサシェ』を作って手渡しました。



aromatherapy140124.jpg
昨晩、娘のために頑張ってくれた『ペーパーナプキンサシェ』さん。ありがとうね。


ベッドで香りを嗅ぎながら気持ちよさそうに眠りにつく娘に


「朝までゆっくり寝れると良いね」


とお話して頭をなでました。


その後、1回普通にトイレに起きただけで、昨晩は、どうやらゆっくり娘は眠れた模様。


やっぱり、ラベンダーさんとヒバさんが助けてくれたのかしら?
娘のアロマに対する心理的な信頼感も加わっていると思いますが、アロマテラピーの不思議に
またもや家族で助けれられました。


可愛いペーパーナプキンとおリボンを用意して、娘の夜の楽しみを作ってあげようと思います。


もし、子供の夜泣きに困っている方がいらしたら、試してくださいね。
成分に拘らずに、子供の好きな香りでペーパーサシェを作ってあげても良いと思います。
それだけでも子供は安心すると思います。

もちろん安眠代わりに大人の方も。
簡単に「さささっ」と就寝前に作れるので。2~4日くらいは香りによっては持ちますよ。

では、また。
それでは、良い週末を☆


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆

Posted on 13:33 [edit]

category: アロマテラピー

tb: --   cm: --

「シェイロー」ベースの「なめらかクレイファンデ」&「クレイフェイスパウダー」  

こんにちは。aromanneです☆
ご訪問をありがとうございます。

また、先日の風邪インフルエンザに関する記事が注目記事1位になりました(驚)。
重ねてありがとうございます。
これからもアロマ、アンイエイジング、健康に関するシンプルな考え方やそれらをシンプルに
取り組める方法等を記事にしていけたら…と思いますので、応援をお願いします☆


さて、先日、aromanneは、若かりし頃からお世話になっていたフランスの某化粧品メーカーの
「フェイスパウダー」に別れを告げ、大好きな「クレイ」を使用した「フェイスパウダー」を
作りました
よ。

「クレイ」とは、汚染されていない地中深くに存在する粘土質で、見た目は、黄色や緑、赤等の粉です。
採掘場所によって、成分や色が異なったりします。
「クレイ」の凄いところは、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム等といった豊富なミネラルを
含んでいる
ところです。
これらのミネラル成分が皮膚に浸透して新陳代謝を促したり、細胞を活性化させたり、お肌を柔軟に
してくれたりして、若々しい肌作りをサポート
してくれるんです。

こんなに素敵な「クレイ」なのですが、肌質によっては、合う合わないがあるので、自身のお肌と相談して、
どのクレイを使用するか、検討する必要があります。
(※フェイスパウダーを作る場合は、大丈夫だと思いますが…)

aromanneの場合、老化肌(アラフォーなので…)に良いとされている「フレンチクレイレッド」を
ルンルン気分で初パックして洗い流した後、つっぱり感がでてしまって、aromanneの肌には合わな
かった経験があります……


aromanneの「クレイフェイスパウダー」のレシピは下記です。

【材料】
・(クレイ)イエローモンモリロナイト   小1/2
・(クレイ)フレンチクレイピンク     小1/2
・化粧品用コーンスターチ         大2
・二酸化チタン              小1/2
・シルクパウダー             小1/2


【作り方】
①すり鉢(aromanneは生活の木のもの使用)にクレイをまぜまぜする。
②クレイ以外のものを①のすり鉢に入れ、まぜまぜする。


また、クレイのフェイスパウダーを作ったので、以前購入して少し余っていた「シェイロー」と
いう基材を使用してファンデーションを作ってみました☆


「シェイロー」は、「シアバター」に「アロエベラジェル」をミックスした硬めのクリーム状
の基材
です。
とてもリッチなバターで、この基材だけでも保湿の効果が期待できるんですよ☆
(※若干、油っぽい臭いが気になりますが、お肌につけたら臭いは飛びます。)



antiageing1401201.jpg



aromanneは、この「シェイロー」という基材に、下記のものを混ぜ込んでみました。
(※まだ、試作なので、細かなレシピは、レシピが固まってから記事にしたいと思います☆)


・「精製水」

・「ワックス」
→ 融点が低めの「ファーナスペレット」を使用しました。

・「ラズベリーシードオイル」
→ 紫外線防止効果が期待できるとされています。

・「トコフェノール(ビタミンE)」
  → 酸化防止の期待と抗酸化作用を期待して。

・「グリセン」
   → 保湿効果を期待して。
ただし、この「グリセリン」、全体の15~20%以上入れてしまうと逆にお肌が乾燥して
しまうので注意
です。
aromanneは、10%以上入れると乾燥する感があります。

・「手作りクレイフェイスパウダー」
   → 人間の皮膚のアミノ酸組成に酷似している「セリシン」という成分の保湿効果を期待して
    「シルクパウダー」、
     紫外線防止を期待して「二酸化チタン」も混ぜ込んでいます。


すると、どうでしょう!
パステルさんの「なめらかプリン」のような、トロンとした感じのファンデーション
ができましたよ☆

使用感は、初めてお肌に乗せた時は、少なめにお肌に乗せてしまったので、外気に当たると
いつもより若干乾燥感がありましたが、次の日に少し多めにお肌に乗せたら、保湿感は保た
れていましたよ。
洗い流した後も特にツッパリ感はありませんでした。
カバー力は、市販のファンデーションに比べればないですが、このファンデーションを
塗ってからフェイスパウダーもはたけば、ほんのり薄化粧している感はあります。
このファンデーション、使用感等で改良の余地がまだまだあるので、もう少し研究して
みようと思います☆


「クレイ」で手作りファンデーションはいかがですか?
「クレイ」のミネラルの恩恵を受けたお肌が喜びそうなシンプルなファンデーションが
できますよ☆
aromanneは、はまりそうです☆


では、また。


antiageing140120.jpg


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆


Posted on 11:28 [edit]

category: アンチエイジング

tb: --   cm: --

風邪の引き始めには、ラベンダーのすり込み剤☆  

こんにちは。aromanneです☆
ご訪問をありがとうございます。

昨日は、東京にも雪が降ると予報されていましたが、雪は降らずにすみました。

「マンションのベランダで雪だるまを作ることができるくらいに雪が積もったら
どうしよう…雪かきをしなければ…」と憂鬱な気分になっていたので、本当に雪が
降らずにホッとしました。

先日、東京郊外でBBQを行っているファームでイベントがあり、家族で参加してきました。
畑で採りたてのおいしいお野菜をたくさん食べましたよ!
採りたてのお野菜の凄さを体感した充実した贅沢な日でした。

その日は、昼間は暖かったのですが、やはり日が暮れてくると凄く冷えるんですよね。
家に戻ったら、体が芯まで冷えた感じがして、少し喉がイガっぽくなっていました。


「このままでは、風邪を引いてしまうかも…」と思い、


そこで、前回のブログの中で少し紹介した、風邪の引き始めに優秀な働きをしてくれる

ラベンダーのすり込み剤

を首周りのリンパのところへ何回かすり込み、寝る前もすり込んで寝ました。
(体の冷えを解消するためにバスソルトを入れた湯船にも、もちろん入りました。)

次の日の朝は、前日の喉のイガっぽさもなくなり、風邪引きさんにならなくてすみましたよ☆

この「ラベンダーのすり込み剤」は、
マギー・ティスランドさんの書籍を読んだ時に、その書籍に記載されていた「すり込み剤」です。
マギー・ティスランドさんは、たしか精油を7%希釈で流「すり込み剤」を作成されていましたが、
aromanneは、以前別件で7%希釈で作っていたオイルで肌はかぶれたことがあるので、
4%希釈で作っています


aromanneの「すり込み剤」のレシピは、

・「ホホバオイル」 10ml
・「ラベンダー・フランス」 4滴
(「生活の木」のもの)
・「ラベンダー・スーパー」 4滴
(ラドロームのもの。生活の木では「ラヴァンジン・スーパー」がこれにあたると思います)

です。
(※このオイルを作成し使用する場合は、自己責任になりますので、その点、ご了承下さいませ。。。)



aromatherapy140115.jpg



ラベンダーにも成分の違いによって種類があり、その種類によっては使用方法に注意が
必要なものもある
んですよ。
aromanneは、使い勝手が良いとされている「ラベンダー・フランス」と「ラベンダー・スーパー
を使用
しています。

この「すり込み剤」、風邪を引いた時に、免疫細胞が作られる「胸腺」という箇所に塗布すると
免疫細胞の増殖&活性化を促してくれて、風邪全般の治りが早くなる感があります


以前、指についたラベンダーの原液を、この胸腺といわれている箇所へ直接試しに塗ってみたら
(少し風邪気味だったので…)、精油の成分が体の中を一気に駆け巡っているようで頭がクラクラ
してしまいました・・・。
指とか手のひらとかに原液がついてもそんな感じにはならないのに不思議ですよね。
それだけ、「胸腺」は体に何かしらの影響を与える箇所で、また、精油も本当に体内に取り込まれる、
ということなのでしょうね。

実際、「ラベンダー」、「サイプレス」、「マジョラム」をブレンドしたオイルを用いてマッサージを
した場合と精油を入れずにオイルのみでマッサージをした場合とでは、精油をブレンドしたオイルで
マッサージした被験者の方が免疫細胞の数が増加したという報告もあります



ただし、この「すり込み剤」、喘息の人は、気をつけてくださいね

ラベンダーは、「リナロール」や「酢酸リナリル」といった「鎮静作用」があると報告されている成分を
含んだ精油で、副交感神経が優位になる精油(リラックスモードにしてくれる精油)といわれている
から
です。
副交感神経が優位になると気管や気管支が細くなるので、喘息の発作を悪化させる可能性があります

喘息を持っている人は、副交感神経が優位になる精油を芳香浴や吸入に使用する場合も注意が必要に
なるかと思います



また、喉の調子を整えるという点で、「サンダルウッド」も良い作用があるようですよ。

ロバート・ティスランドさんの書籍で、喉を酷使して声がでなくなってしまった歌手
(たぶん歌手だったはず)に、「サンダルウッド」を希釈したオイルをその歌手の首の周りに
すり込んだら、声がでるようになった、という記載がありました。

因みに、「サンダルウッド」精油は、抗ウイルス作用等の薬理活性があることが報告されたり
しています



風邪の引き始めに「ラベンダーのすり込み剤」、試してみませんか?
首の周りにすり込んだら、「効いてるかも~」と実感できるかと思いますよ。
Let’s try!!

では、また。


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆


Posted on 10:38 [edit]

category: アロマテラピー

tb: --   cm: --

インフルエンザや風邪には、1.8シネオール  

こんにちは。aromanneです☆
ご訪問をありがとうございます。

昨日は、東京は、とても寒かったです。この三連休も例年より寒いとか…
みなさん、体調には気をつけてくださいね。

さて、昨年末に都内でインフルエンザの流行開始の発表があったようで…
金曜日に娘が幼稚園からインフルエンザ対策のお知らせを持って帰ってきました。
もうそんな季節なんですね。
(aromanneは、あんまりテレビを見ないので、発表があったことすら知りませんでした…)
インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行するとのこと。
どうりで幼稚園のお母さん達が予防接種に走っている訳が分かりました。


aromanne亭では、娘も含めインフルエンザの予防接種はしません。
水疱瘡やおたふくかぜ、風疹等と違い、インフルエンザウイルスは変異するので、
変異に応じて何度も予防接種をしなければならないからです。



これでは、予防接種とインフルエンザウイルスの「いたちごっこ」だと思いませんか?


基本的に余計なものを体に入れたくないaromanneとしては、毎年、何度も何度も
予防接種をして体の免疫機構や血液に負担をかけるくらいなら、インフルエンザに
かからないように予防したり、インフルエンザウイルスにかかったとしてもそれに
負けない体作りをすることに重点をおきます



アロマテラピーインストラクター試験を独学で勉強していた時に読んだ
ロバート・ティスランドさんの書籍の中で、お子さんに予防接種は受けさせず、
お子さんがかかった水疱瘡等の伝染病をアロマテラピーを用いて直したことが
書かれていました


また、予防接種を受けさせない理由は、「血を毒するもの(書籍内での訳)
(aromanneはこの原文がとても読みたいのですが、まだ実現していません…)
という書籍を読んだからだとか。

この内容を読んで、


「ここまでは徹底できないけれど、たしかに、なるほど。」と、


とても同意した自分がいました。


さて、aromanneは、インフルエンザが流行るこの季節に、アロマとハーブを用いて
対処
しています。


まずは、「芳香浴」。

1.8シネオール」という抗ウイルス作用、去痰作用、抗菌作用を持つ成分を多く
含む精油
風邪等のウイルス感染の予防になると言われている柑橘系の精油をブレンド
して芳香浴をしています。


最近のお気に入りは、昼間は、

ローレル」と「オレンジ・スイート」のブレンド

です。

スパイシーな甘い香りとオレンジの甘い香りで、「芳香して良かった~」という
気持ちになります。


夜は、娘がディフューザーを使用するので、普段は子供でも使用できる

ユーカリ・ラディアータ」と「レモン」をブレンド

します。


「レモン」は、「空気中のウイルスや細菌を数時間で死滅させることができる」と発表
されています。



娘が以前インフルエンザに感染したことがあり、その時は、

カユプテ」(成分の7割、8割が1.8シネオールの精油さんなのです)と「レモン」の
ブレンドで徹底して娘の部屋を芳香浴していました。
娘の部屋に入るときは、「1.8シネオール」のツーンとした香が鼻や喉にきて、
病院の消毒の香りより「効きそう~」という感じでした。


熱が急に上がった時から芳香して、次の日の夜には熱が平熱に戻って、ケロっと
していたんですよ。(病院からもらったタミフルも併用しましたけれど)
家族もインフルエンザにかからずにすみました。

娘のお友達は、熱が長引き、またお母さんにもインフルエンザがうつり、
大変だったようですが…

ドイツでは、風邪等が流行っている時や季節の変わり目にかかる病気の予防に
「カユプテ」の精油と「エキナセア」のハーブティーで対処する
ようですよ。


次に「ラベンダー」や「ラベンダー・スーパー」の精油を用いて作成した
すりこみ剤」をリンパ節に塗布して免疫力を高めたり、また炎症をおこし
かけている喉に塗布して沈静させたり
粘液や気道をきれいにしてくれる
エルダーフラワー」のハーブティーを飲用したりしています。

「エルダーフラワー」は子供に飲ませることができますし、私的にはジャスミンティー
のような感じの味で飲みやすいと思います。
(ラベンダーの精油のすりこみ剤は、風邪の引き始めにとても優秀な働きをしてくれます。
これについてはまた後日、ブログで紹介したいと思います☆)


最後に、「」。

体の免疫力を高めるために、食事をきちんと摂ることはもちろんですが、「みかん」や
「キウイ」等の「ビタミンC」を含むものを積極的に食べるように心がけています。



是非みなさんもインフルエンザが流行するこの季節、アロマテラピーを用いた予防に
challengeしてみませんか?

では、また。


aromatherapy140111.jpg



にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆


Posted on 11:05 [edit]

category: アロマテラピー

tb: --   cm: --

馬油でハンドクリーム☆  

こんにちは。aromanneです☆

お仕事をされている方は、もう仕事始めですね。
今月は、新年会やらで通常以上に時間的に忙しい方も多そうですね!
aromanneも娘が幼稚園の三学期が始まり、にわかに忙しくなってきましたよ。

先日、幼稚園バスのバス亭でいっしょのママさんから、ハンドクリームの
個人レッスンを承ったので、昨日、試作をしてみました。


良い感じで仕上がりましたよ!


これでいこうと思います!



cream1401061.jpg




薬局等で気軽に購入できる薬師堂さんの「馬油」を乳化させたハンドクリームにする予定です☆



cream140106.jpg


みなさんは、「馬油」を使用したことがありますか??



「馬油」って素敵な基材なんですよ☆



「馬油」は、人間の皮脂の飽和・不飽和脂肪酸の構成比がとても似ていて、また、
人間の細胞膜の成分であるαリノレン酸を含んでいることが大きな特徴
です。

さらに馬油は人間の皮脂の構成に似ているため、人間の皮膚に深く浸透
(真皮、皮下組織まで浸透!)するので、抗酸化作用が発揮するといわれ
ています。

αリノレン酸の成分が不足すると、細胞の細胞膜がきちんと作ることができないため、
老化の促進にもつながります。
「馬油」は、αリノレン酸を含み、皮膚の奥深くまで浸透することができるので、
細胞の酸化(サビ)を防ぐことができる=(イコール)お肌の老化を防ぐことに
とても貢献してくれる頼もしい基材
なんですよ!!


また、「馬油」は、皮膚への浸透力が高いため、皮膚の皮下組織まで浸透して細胞を
刺激して血行を良くしてくれたり
皮膚を馬油の薄い膜で覆うため、お肌の保温性
や保湿性を高めてくれる
んです。


馬油には、まだまだお肌にとって素敵な作用がありますよ☆


是非、みなさんも馬油にtryしてみませんか?


レッスンについては、後日…



では、また。



にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆


Posted on 11:20 [edit]

category: アロマクラフト

tb: --   cm: --

抹茶deアンチエイジング  

こんにちは。aromanneです☆

みなさんは、お正月は、いかがお過ごしですか?

aromanneは、娘が5歳になったので、久しぶりにお茶を点てましたよ☆
娘には、お抹茶に牛乳とお砂糖を入れて、抹茶ミルクにしてあげましたけど…

お茶菓子は、とらやさんの羊羹で美味しく頂きました。



aromafood140104.jpg



さて、この抹茶、美肌等のアンチエイジングにとても良いものということ
をご存知ですか??

抹茶を含め、緑茶等の茶葉には、美肌作りや体の酸化(いわゆるサビ)を防止する
といわれる「ビタミンA」、「ビタミンC」、「ビタミンE」が多く含まれています。

ただ、ビタミンAとビタミンEは、脂溶性ビタミンのため、熱湯に浸した茶葉では
溶出されない
んです。

その点、抹茶は、茶葉を粉末にして飲むため、 葉に含まれる栄養素をそのまま摂取
することができるので、お茶に含まれる有効成分を効率的に摂取することができる

ですよ!

ビタミンCは、お肌の老化(シミ、シワ、張り)を防ぐために死守するべき、真皮に
あるコラーゲンの生成やお肌の水分の減少を防ぐ重要な栄養素で、抹茶には、なんと
みかんの「4倍から7倍」もこのビタミンCが含まれている
といわれています。

また、ビタミンEは、細胞の酸化(サビ=老化)を防ぐ抗酸化作用がある栄養素です。

その他、


老化防止効果があるといわれているカテキンや脳の老化防止にも良いとされる
テアニン


効率よく脂肪を燃焼するといわれているカテキンカフェイン
も含まれています。

みなさんも茶道のようにお茶を点てるといった形式に拘らずに、粉末コーヒーを飲む
ような感覚で気軽に抹茶を生活に取り入れてみませんか?

抹茶は飲用やお料理はもちろんアロマテラピーの基材にも利用できますし、私的には
損はないと思います☆

aromanneも抹茶生活を再開したいと思います♪


※因みに「お茶」について・・・
ご存知の方もいると思いますが、日本にお茶を広めた人に栄西禅師という人がいます。
この人がお茶について記したものに「喫茶養生記」というものがあり、

この中に

「茶は養生の仙薬なり。延齢の妙術なり」

とあります。

お茶は、万病に効き、長生きをすることができるものであるとしています。

アロマテラピーにもでてくるハーブにも通じるものがありますよね。


では、また。



aromafood1140104.jpg




にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆


Posted on 16:22 [edit]

category: 食事法(ダイエット)

tb: --   cm: --

明けましておめでとうございます&手作りおせち☆  

明けましておめでとうございます。

aromannneは、昨年は、おせち作りで終わり、今年は、おせちで始まりました☆

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

aomanneは、今年もアロマテラピーを取り巻く知識を深めて、皆さんに
お伝えしていければと思います。



「あ、アロマで解決してみよう!」



「おうちの近くのアロマの先生のところに通って、アロマの知識をgetしてみよう!」



「体調整えたいな、病院へ行って薬で解決するのもいいけれど、近くのセラピストの
先生のところへ行って、アロマでも解決できないか相談してみようかな」



とみなさんに思って頂けるように☆


本年度も応援をどうぞよろしくお願いいたします。




goaisatsu1.jpg

goaisatsu3.jpg

goaisatsu2.jpg

goaisatsu4.jpg

goaisatsu6.jpg

goaisatsu7.jpg

年末に作った恒例の手作りお節達です☆
手作りは味を好みに作れるので、良いですよ。和食の集大成なので、
和食の基本が学べます☆




にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 美容ブログへ




ブログランキングに参加しています。応援お願いします☆

Posted on 11:39 [edit]

category: ごあいさつ

tb: --   cm: --

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

検索フォーム

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。